サイディング割れ補修

なななぁんと、今度はサイディングそのもののヒビ発見!約5センチぃ

DSC01296-thumb-320x240-659

 

 

壁用シール剤と養生テープを用意 両方で600円くらい

DSC01301-thumb-320x240-662

 

養生テープを張り付け

DSC01297-thumb-320x240-665

 

シーリング剤を、押しつけるようにたっぷり塗る

DSC01299-thumb-320x240-668

 

ヘラ(シール剤に付属してました)でならして、テープを剥がせば完成!

DSC01300-thumb-320x240-671

 

見た目はともかく、雨水侵入は防げるかな?

こんなヌリヌリ作業で一番手間取るのは、やっぱり後片付け。特にノズルの中に残っているシール剤は取っておかないと次に使う時大変なので、つまようじ等でよーーく掃除してやりましょう。

ブログランキングに登録しています。
すみませんこちらをクリックしてご協力お願いします。

サイディング割れ補修」への3件のフィードバック

  1. いかずち

    たぶん、防げると思います。
     時間がたつと他にも発生するかもしれないので、じっくりと観察してください。
     数ヶ月前、担当した木造住宅の現場で、サイディングの下の地面からの立ち上がりモルタルに大きな亀裂を発見したので、サービスで防水コーキングを注入して補修しました。
     外装も躯体も雨水が大敵です。

    返信
  2. とんかつ

    はい、これからもじっくり観察しなければ、と思います。
    雨水は大敵ですよね!
    でも、よその家のコーティングを見ていると、
    古くカチカチになってひび割れていても
    そのままにされているお家も多く、
    大丈夫なのかな??って
    ひとごとながら心配になります。

    返信
  3. いかずち

    防水コーキングの寿命は、日当たりの良い箇所で5?6年程度、日陰など日当たりの悪い箇所で約10年と見られています。
    *カチカチになった時点で寿命です。隙間が出てきます。毛細管現象で雨水が侵入します。
     ところでリンク変更の御願いです。防音職人を次のブログに張り替えてください。
    *http://pop.oto-taisaku.com/
    *防音ブログ というタイトルで御願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*