dyson DC26ホース交換

dyson_DC26_01_ハンドル部の根元で裂けたホース

使わなくなっていた dyson DC26 裂けていたホース部品をメーカ取り寄せ出来るとの事で修理してみました。

dyson_DC26_02_底面にある2つのネジを緩める

本体を裏返します。コインか大きめのマイナスドライバーを用いて、底面にある2つのネジを左に90度回転させて緩めます。

dyson_DC26_03_底面カバーを取り外し

カバーを取り外します。(フィルターが見えます)

dyson_DC26_04_フィルターも取り外し

フィルターを取り外します。

dyson_DC26_05_ホース固定プレート取り外し

ホース固定プレートを取り外します。(詳細は後述の交換方法参照ください)

dyson_DC26_06_本体差し込み口から

dyson_DC26_07_ホースを引き抜く

本体差し込み口からホースを引き抜きます。

dyson_DC26_08_本体から取り外したホース

ホースを外すことが出来ました。(このホース取り外しについては情報が無くて、とりあえずやってみたら出来た!という)

dyson_DC26_09_パワーハンドル到着

頼んでおいたホース(パワーハンドル(TH用)というらしいです)がdysonから到着!(8,000円+送料+税で、ほぼ1諭吉)

dyson_DC26_10_逆手順で取り付け完了

逆手順で取り付けました。

dyson_DC26_11_6年間一度も洗浄しなかったフィルター

6年間一度も洗浄しなかったフィルター (w_-; ウゥ・・

dyson_DC26_12_フィルターも洗浄してさっぱり

洗浄してさっぱり!syson DC26 パワフルに現役復帰です!

↓ホースに同梱されていた DC26ホース交換方法を掲載しておきます。

dyson_DC26ホース交換方法

ブログランキングに登録しています。
すみませんこちらをクリックしてご協力お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*