CMカットしてみた

いやー便利です、「もっと早く買っておけばよかった。」ってのが実感

 

買ってからまだ二日だけど、

鬼平犯科帳や、映画(バベル、TAKESHI’S)とか早速録画。

 

おまかせ録画のキーワードには「藤沢周平」「池波正太郎」を登録、これで楽だ。

 

 

さて、本題のCMカットだけど、CMが自動で消えてるっていうバカポンな事じゃなくて

チャプターという映像の細切れを自分で消すことをしなくちゃならない。

 

で、その『チャプター』だけど、BDZが勝手に映像を細切れにしてくれて

これを、おまかせチャプター(とか自動チャプター)って言うんだ。

 

SONYに言わせると

「本機はソニー独自の 「シーン検出アルゴリズム」 により、無音状態やステレオ/モノラル音声の検出だけでなく、音楽と会話の境などの “音の切り替わり” や、場面変化が大きい “映像の切り替わり” を自動で検出してチャプターマークを設定します。」

って事らしい。

 

omakase_chapter-thumb-320x94-480
この機能(おまかせチャプター)で、CMがチャプターという単位になってくれるので、

それを自分で消すのだ!

 

その消す機能は、[チャプター消去]なんだけど、これは使わない方が良い。

 

なぜかっていうと、おまかせチャプターで完全にCMが切り出せるかっていうと

そこは、それ、やはり無理。

 

CMの入り口ではかなり正確に区切りが入るけど、

CMの出口で区切れない事が多い。

 

って事は、チャプターの初めの画像を見て「CMだ!」って事で消そうとしたら、

CMに続いての本編もこのチャプターに入っていて、それも消しちゃった!

って事になる ・・・・・ 元に戻せないよ!

 

なので、お勧めは、[チャプター消去]じゃなくて[チャプター編集]

 

これなら、チャプターの中身を再生や早送りできるので、

CMの始まりの画像が出ててもチャプターの時間が1分とか2分とかの区切りのよい時間じゃなくて

9分11秒 とかだったら、必ず CM+本編で チャプターになっているから、

そのチャプターを、再生や早送りで見ながら、CMの最後(本編の入り口)を見つけたら

すかさず、ポーズボタンで止めて、チャプター分割ってのをやる、

で、その分割した前半分がCMなので、それをクリック(決定ボタン)すると

斜線が入る。この作業(すごく簡単だよ)をやって、最後にまとめて

消すを指示すると、CMがまとめて消えてくれる!

 

この作業が全て、[チャプター編集]で出来るって事。

 

まぁ、特に深夜放送される民放の映画は、CMが多いのでいやになるけど、

CM消して、見ると、楽しいよ? ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*